毎日洗濯する子どもたち^^

ピースボートはピレウス(ギリシャ)を出港し、ポートサイド(エジプト)へ向けて順調に航海しています。

子どもの家では、子どもたちが毎日洗濯をしています!
おやつの準備で使用した台ふきや、濡れた床を拭いた雑巾など、子どもたちが使ったものは自分たち自身で洗濯しています。

まず、子どもサイズのエプロンをつけ…
イメージ
ピッチャーに水を汲みます。

「800のメモリまで、水を入れるよ」
大人が伝えると…
イメージ
その瞬間を見逃すまいと、真剣に見ています!
イメージ
ピッチャーの水を洗い桶にうつし…

イメージ
汚れた布が入ったバケツから、洗いたい布をかごに入れて持ってきます。

イメージ
洗濯板を桶に入れ、ゴシゴシと洗います!
石鹸を使うため、ゴッシゴッシ!力強く洗うと、アワアワになります。

イメージ
汚れが落ちたらギュッと絞り、隣の桶ですすぎます。
イメージ
すすぎの後もギューッと絞ります!

イメージ
洗い終わった洗濯物は、物干し台へ子どもたち自身で干します。

洗濯が終ったら、洗濯台の片付けも行います^^
イメージ
水を捨て…
イメージ
濡れた洗い桶を、ミトンを使って丁寧に拭き…

イメージ
使ったミトンは、次に使うお友だちのために、乾いてるものに取り替えます。

洗濯をした翌日には、乾いた洗濯物を取り込み…
イメージ
棚へ戻します。
イメージ

洗濯をした人でも、そうでなくても、誰もが乾いた洗濯物を取り込むことができます^^

色水を踏んで絵の具がついた靴下を洗ったり…
「ここ で あらって おく と、 あと で らく なん だよ ね~^^」
イメージ
時には、絵の具がついたトレーナーも洗濯しています♪

子どもたちは、洗濯の技術を習得するだけでなく、汚れたらどうしたら良いかを自分たち自身で考えるようになっています。

ピースボートはモンテッソーリの環境で、『子どもサイズ』の道具を準備しています。
大きいサイズの道具では、大人に頼らなくてはならず、マイペースに行うことも、スムーズに活動することもできません。
道具や家具が自分に合ったサイズだと、子どもたちは自主的に動くことができ、何度でも心ゆくまで繰り返し楽しむことができます!

また今日も子どもたちがいくつもの活動をして、物干しにたくさんの洗濯物が並びました。
明日は、誰が洗濯物を取り込んでくれるのでしょうか?!
(冨永和美)

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る