ピースボート子どもの家
船内見学会の詳細はこちら

モンテッソーリ教育とは

 モンテッソーリ教育とは、20世紀初めにイタリアの医学博士マリア・モンテッソーリが子どもの観察を通して系統だてた、より良くいのちが育つための援助法ともいえます。
 彼女は、どの子どもにも「周りの環境や時代に適応したい」という自然な欲求があることや、「適切な環境」が「タイムリー」に与えられれば、子どもは自ら成長し、喜びに満ち た平和的な存在に育っていくということなど、多くのことを子どもから発見しました。
 1907年、イタリアのスラムに初めて設立された「子どもの家(Casa dei Bambini)」とその理念は、瞬く間に欧米を中心に世界各国に広がり、誕生から100年を越えた今でも世界中の親と教育者、そして子どもたちに支持されています。

もっと知りたい、モンテッソーリ教育

  • モンテッソーリ教育ってなに?〜生命が育つ邪魔をしない教育〜詳細へ
    ピースボート子どもの家アドバイザー深津高子さんの講演録。
  • モンテッソーリ教育ってなに?〜「子どもの家」ってこんな場所〜詳細へ
    具体的に2歳半~6歳の子どもの環境「子どもの家」がどんな場所なのかをご紹介。
  • 家庭でできるモンテッソーリ詳細へ
    これまでモンテッソーリの環境を紹介してきて「ぜひ家でもやってみたい!!」という声もたくさんいただきました。でも同時に「子どものためにそん なにいろいろ用意するお金も場所もないし…」という声も。ちょっとした工夫で、お金をかけずに家でもできる環境づくり、ご紹介します。
  • 子どもの「観察」、私の「考察」詳細へ
    モンテッソーリの教師は皆、目の前の子どもが今関心を持ちそうなものは何か、子どもの目線、指先の動き、活動に足を運ぶ回数やその足どり、手と目の協応は進んでいるかなどの地道な観察から読みとる訓練を重ねます。親としても応用できる、子どもの「自分でできた!!」を育む環境作りについて書いています。
  • 日常生活の練習詳細へ
    「モンテッソーリ教育」と言われると、色とりどりの美しい教具を思い浮かべ「うちでそんなものをそろえることはできないから…」と思う方も多いかもしれません。でも、自分のこと、仲間のこと、家族のこと、環境の世話などに自ら取り組む「日常生活」の仕事こそ、モンテッソーリ教育の醍醐味かもしれません。
    子どものサイズに合った本物の道具を用意し、自分で取り出して終わったら元に戻すことができる環境をつくることで、家庭でも取り入れることができるのがモンテッソーリ教育。船上で生き生きと「仕事」する子どもたちの様子、ご覧ください。