カルタヘナ(コロンビア)馬車で旧市街をひとめぐりしました!

オーシャンドリーム号は、6月17日カルタヘナ(コロンビア)に入港しました。

コロンビアが誇るノーベル文学賞受賞作家ガルシア・マルクスが「世界でもっとも美しい街」と讃えたとされるカルタヘナ。植民地時代の城壁に囲まれたカルタヘナ旧市街は、「カルタヘナの港・要塞・歴史的建造物群」として、世界遺産に登録されています。

美しいカルタヘナの旧市街を馬車で巡るツアーに、参加した子どもたちの様子をお届けします。

「おはようございます!」と、ニコニコの笑顔で元気に挨拶をしてくれた子どもたち。

はじめに向かったのは『サン・フェリペ要塞』。
イメージ

街と財宝を守るために約120年もの年月をかけて建てられました。
高さ約40mの丘の上の要塞は、スペイン植民地時代に造られた南米の要塞の中でも、とりわけ強固な城塞といわれています。
イメージ
イメージ

大きなサン・フェリペ要塞を見た後は、待ちに待った馬車体験!

車窓からスタンバイしている馬車に気づいた子どもは「あ! ばしゃ! ばしゃ あった よ!」と、嬉しそうに知らせてくれました。

バスを降り馬車を目前にした子どもたちは、目をキラキラさせながら馬車を選んで乗車!
イメージ
イメージ

始めは緊張していた様子の子どもも、旧市街を進むにつれて表情が和らぎました。

イメージ
「おともだち の ばしゃ みえた よー!」
「こっち の うま は くろ で あっち の うま は しろ だね~^^」

馬車からは、1625年に建てられた教会の遺構の上に、1911年コロンビア独立100年を記念して劇場として建て替えたエレディア劇場。
イメージ

コロンビアが世界に誇る彫刻家フェルナンド・ボテロの作品「ガートルード」(ふくよかな女性)があるサント・ドミンゴ広場などを巡ります。
イメージ
イメージ

「いろんな いろ の いえ が ある ね!」
「おはな が きれい だね~♪」

イメージ

パカパカと蹄の音が心地よく、揺られること約45分。たどり着いたのはラス・ボベダス・マーケット。
イメージ

色とりどりのお土産品に目を輝かせながら、24件並ぶお店を眺めます!
買ったばかりの民族衣装に身を包んで、登場した子と記念写真をパシャリ^^
イメージ

ここから歩いてレストランへ向かいます。
「ここ に あつまって くださーい!」ガイドさんのお手伝いを始め…
イメージ

「ぼく は みんな が まよわない よう に 15ばん を もつ ね!」
イメージ

ランチを食べる頃には、暑さと空腹で疲れていた様子の子どもたちですが、食べ始めると再び元気に!
イメージ

お腹いっぱい食べた後は、バスに揺られて我が家・ピースボートに帰りました^^
(池あいり)

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る