2019年春出航、101回クルーズ担当スタッフが決まりました!

第101回「地球一周の船旅」で行う、洋上のモンテッソーリ保育園「ピースボート子どもの家」プログラムのスタッフが決まりました!

今クルーズでは、2歳から6歳の子どもたち約15名と、そのご家族が乗船の予定です。

子どもたち、ご家族が過ごす104日間の船旅を、有意義なもとのへとお手伝いするのが、子どもの家チーム!
開催15回目をむかえる「ピースボート子どもの家」プログラムの担当保育士をご紹介します。

◆子どもの家担任
池あいり(いけあいり)

イメージ
世界を巡りながらモンテッソーリ。
子どもたちと一緒に、洋上の『子どもの家』を築くと考えるだけで胸が踊ります。
世界を体験し、様々なことを吸収していくであろう、子どもたちの成長に寄り添うことができるのを楽しみにしています!

 


◆アシスタント保育士
北村すずらん(きたむらすずらん)

イメージ
2年前のピースボート南半球航路に乗船客として初めて地球一周を体験し、昨年のアジアグランドクルーズにピースボートスタッフとして乗船、今回が3度目の乗船になります。
これまで参加したピースボートでは「子どもの家」の開催がなかったので、初めてアシスタント保育士として関わらせていただけることになり、とても嬉しく思っています!

子どもたちと世界に触れ合いながら地球一周ができること、船旅を通して子どもたちがどんな成長をしていくのかを見届けられるのが楽しみです!
子どもの家に参加して良かったと思ってもらえるよう、全力でサポートします!

参加される皆さまとともに、素敵な経験と想い出をたくさん作っていきたいと思いますので、よろしくお願いします!!

 


◆アシスタント保育士
冨永和美(とみながかずみ)

イメージ
『地球一周をする』という特別な体験を、子どもたち・そのご家族とご一緒できることをとても楽しみにしています!
たくさんの本物に触れ、たくさんの人と触れ合い、たくさんの発見を、子どもたちの近くで一緒に感動できることを嬉しく思っています。

 


◆子どもの家コーディネーター
佐藤愛(さとうあい)

イメージ
親子での地球一周は、ワクワク・ドキドキの連続です。
ご家族全員の船旅を、より楽しく有意義なものへとお手伝いします!
ご自宅で待っているご家族も含め、みなさんにとって一生の宝物になるような旅のレポート、子どもたちの姿、船内で行うイベントの様子などをお届けいたします。

イメージ

第101回クルーズはピースボート史上初めて、船上から皆既日食を観測します。自然が織りなす奇跡の天体ショーをお楽しみいただけます!
また、碧く輝く美しい海と珊瑚礁が待つ、グレートバリアリーフの航行も楽しみにしている方が多くいるかと思います。

世界遺産の宝庫エジプトや青と白のコントラストが眩しいギリシャのサントリーニ島、絶海の孤島イースター島やオーストラリアなど、魅力あふれる見どころ満載の21寄港地です!!
まだ知らない“ふしぎ”の待つ世界へ繰り出す、104日間がはじまります!

どんな旅になるでしょうか!世界一周104日間の船旅の様子は、このブログでお知らせいたします。
(ピースボート子どもの家:佐藤愛)

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る