国境線のない地球儀

o0518038711999663332

『ピースボート子どもの家』には、地球儀が二つあります。
ひとつは、国境線のない丸い地球。

陸と海がひとつの惑星の上に共存していることを子どもが手で触って質感から感じることができるように、陸はサンドペーパーでザラザラしていて、海はツルツルしています。
異なる質感をさわって確かめるのが大好きな時期の子ども達は、飽きずにずっと触っています。

この地球儀を触っていた子が、なにやら口ずさんでいます。
そーっと近づいて聴いてみると

♪青いところは海ですよ~ ザラザラのところ土ですよ~
それから空気もありまして~ みんながすんでる地球~♪

と、素敵なうたができていました。
もうひとつの地球儀は、7つの大陸を色分けしたものです。

♪北アメリカ 南アメリカ ヨーロッパ アフリカ アジア
南極もあるよ オセアニアもあるよ みんなが住んでる 7つの大陸 地球の仲間だよ~♪

このうたは、子どもの家のお母さん的存在、深津高子 さんがみんなにプレゼントしてくれたもの。

大切そうに地球を抱いてひとつひとつの大陸を指さし、うたを歌っています。
どちらの地球儀も、球が支えられている台から取り外すことができ、「北が上で、南が下」というような固定概念からも自由です。

世界のどこでも、地球の中心であり、世界の果てでもあることが、手に取った地球儀でわかります。

さて、子どもたち、実は、船内で子どもから80代の方まで総勢約500人の参加者が集ったイベント『船上紅白歌合戦』のオープニングに大抜擢され、みんなの前でも堂々と「7たいりくの歌」を披露しました。

――地球一周に同行する保育士の先生のことばが印象的です。

「子ども達にとっては、大人が思うよりずっと、自分の住んでいる地球という場所が身近です。この旅では20の港を訪ねますが、『違う国』に行くというよりも、お散歩にいく感覚みたい。地球を、まるで『ひとつの家族』のように感じている子ども達の姿に触れ、これから出会う人達との交流が、ますます楽しみになりました。」

まるで、近所の公園や隣町のことを話すのと同じような感覚で
「韓国?ああ、日本のおとなりの国だよね。ご飯がからくておいしい」と言う4歳児や

「ギリシャって、大きな犬のスワミちゃんがいたところだね」
と自然な会話の中でいう2歳児に大人のほうがハッとして、成長させてもらえる、そんな気さえします。

2歳から6歳、体験することはなんだってそのまま吸収し、自分の一部にしてしまう時期の子どもたち。
この時期に、大好きなお父さんやお母さん、先生やお友達と一緒に地球の多様性を体験して、想像力の裾野をぐんと広げていくのでしょう。
さあ、これから出会う世界は、どんな場所でしょうか。
船旅はまだまだ、はじまったばかりです。

関連記事

ページ上部へ戻る