ラバウル(パプアニューギニア)に寄港しました!【交流ツアー編】

ラバウル(パプアニューギニア)で101回クルーズは全21ヶ所の寄港を終えました!
天候に恵まれ、寄港地で雨が降ることはほとんどなく、どの寄港地でも思う存分楽しむことができました♪

今回は、お父さん・お母さんと学校を訪問する交流ツアーに参加した、まなちゃんのインタビューをレポートします!
イメージ

①どこへ行って、何をしましたか?

子どもたちがいっぱいいて、嬉しかったです^^
ダンスをしてくれました。(体を)叩くダンスがあって、痛そうだった!

②1番驚いたことは何ですか?

叩くダンスがちょっと怖かった。
竹で足とか手を叩いていました!

③1番楽しかったことは何ですか?

はるあきくんとゆうわくんと、一緒のツアーだったことです!
イメージ

④1番印象に残っていることは何ですか?

ゆうわくんとはるあきくんと、最後のお礼の言葉の紙を読んだのが覚えています。
イメージ

⑤またラバウルに来たら、何がしたいですか?

前にパプアニューギニアに来た時に会った男の子がいて、今回もその子みたいな子に会って、鯉のぼりをあげました。
またその子に会いたいです!
イメージ

まなちゃんは以前ピースボートに乗船した経験があり、その時に出会った子にまた会えたそう!!
世界の各地に、その土地で暮らす方との出会いが待っているのは、ピースボートの交流コースならではの体験です☆
(冨永和美)

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る