サリーを着てみました♪

ピースボートで訪れる寄港地では、様々な民族・宗教の方々と出会います。

ペナン島(マレーシア)では、リトル・インディアと呼ばれるインド系の人々が暮らす街では、女性が民族衣装のサリーを身に着けているのを見る機会がありました!

子どもの家でも、サリーの着付けにチャレンジしたので、その様子をレポートします!

ペナン島(マレーシア)でサリーを着ている女性を見たか聞いてみると…
イメージ

「にた ような ようふく を きている ひと は みた!」
「おみせ に うっている の を みた よ~^^」

まずは、サリーを広げて長さを測ってみます!
イメージ

長さは、なんと子ども6人分!!
イメージ

サリーは大人用なので、子どもが着れるように折りながら着てみます!
イメージ

最後にティクリと呼ばれる、額につける赤い印の代わりに赤いシールを貼って完成です!
イメージ

サリーを着たあんちゃんは…
「すごく あるき にくい よ~」
イメージ

「ほか の くに の ようふく を みて みたい!」
サリーを紹介した翌日、大陸、項目ごとに分類した写真を収納している地理フォルダーを持ってきます。

本物を見て、体験してみる。それをきっかけに他の地域にも目を向ける…
ピースボートならではの体験をした、子どもたちでした^^

日本に帰ってからも、テレビや雑誌で訪れた国々を見聞きするたびに、今回の船旅で見たもの、聞いたもの、感じたものを思い出すことでしょう^^
(冨永和美)

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る