神戸・横浜に帰港しました♪

9月に日本を出発した第102回クルーズは、まず13日に神戸港に帰港しました。
イメージ

神戸で下船するのは、1組のご家族です!
「またねー!」
「元気でねー^^」

挨拶を交わし、見送ります。
船で大家族のように親密になった、お友だちが全国へ帰っていくのは、なんだか寂しい気持ちです。
イメージ

快晴に恵まれ、横浜港へ向け出航式が行われます♪
イメージ

神戸で下船した仲間に、船から伝えます^^
「ありがとうー!」
「いってきまーす!」
イメージ

翌日、14日は横浜港に到着です!
ここでは、乗船していたすべてのご家族が下船しました。
ももちゃんの手には、自分たちでがんばって作ったペーパーバイオリンが^^

お世話になったクルーにも「ありがとう」を伝えます。
イメージ

「またね!」
「ありがとう!」

イメージ
最後にみんなで写真を撮りました。
さっきまで笑顔だったあやのちゃんは、みんなとの別れを感じているようで、笑顔がなくなり、ちかちゃんもぐっと涙をこらえるように硬い表情を見せています。
イメージ

船を下りたら、日本で旅の帰りを楽しみに待っていてくれた、ご家族と再会です!
みんなは、まず何ををご家族に話すのでしょうか…?

ベネズエラから乗船してきた、ジョスベルさんやイスラエルさんと一緒に歌ったことでしょうか?
エジプトのピラミッドに感動し、みんなで登ったことでしょうか?
船から見た、幻想的で美しいオーロラのことでしょうか?

世界を大冒険をした子どもたち。
この旅がみんなの心に刻まれたら嬉しいです!

102回クルーズからのレポートは以上になります。
一緒に旅をしてきたご家族の皆さま、子どもの家のレポートを楽しみに読んでくださった皆さま、ご拝読ありがとうございました!
(川上つかさ)

洋上からのレポートを楽しみに読んでいただいた皆さま、本当にありがとうございました。
次回の《ピースボート子どもの家プロジェクト》は2020年春出航の第104回クルーズとなります。
http://www.pbcruise.jp/kodomo/104th/index.html

次回の船旅が出航する間、思い出エピソードを定期的にアップできるよう、がんばります。
引き続き、どうぞ宜しくお願いいたします!

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る