2019年夏出航、102回クルーズ担当スタッフが決まりました!

第102回「地球一周の船旅」で行う、洋上のモンテッソーリ保育園「ピースボート子どもの家」プログラムのスタッフが決まりました!

今クルーズでは、3歳から6歳の子どもたち約10名と、そのご家族が乗船の予定です。
子どもたち、ご家族が過ごす103日間の船旅を、有意義なもとのへとお手伝いするのが、子どもの家チーム!

開催16回目をむかえる「ピースボート子どもの家」プログラムの担当保育士をご紹介します。

◆子どもの家担任
冨永和美(とみながかずみ)

イメージ

先入観や既成概念のない子どもたちの目には、この広い地球はどのように映るのでしょうか。
肌の色の違う人、違う言葉を話す人との交流はどのように感じるのでしょうか。
地球一周をするという貴重な体験はどのように刻まれていくのでしょうか。

何度、地球一周をしても、いつも新たな発見があるピースボート子どもの家で、お子さま、そのご家族と過ごせることをとても楽しみにしています。

 

◆アシスタント保育士
大西瞳(おおにしひとみ)

イメージ

84回クルーズで乗船客として体験した数々の感動を、今回はアシスタント保育士として、お子さんやご家族と共有できることをとても嬉しく思い、本当に心待ちにしています!
かけがえのない日々をしっかりサポートできるように努めていきたいと思っています!
よろしくお願いいたします。

 

◆子どもの家コーディネーター
川上つかさ(かわかみつかさ)

イメージ

実体験を大切にするモンテッソーリ教育と、ホンモノの世界に体当たりできるこの旅は、子どもたちにとってかけがえのない財産になることでしょう!
子どもたちのつぶやきには、いつも驚きと発見の連続です。
ご家族にとって貴重なこの時間をサポートします^ ^
イメージ

晩秋の日本を出発する102回クルーズは、まず常夏のハワイ、太陽が煌めくカリブ海へと船を進めます。

ピースボート初となる晩秋のカナダ・メープル街道を訪れ、オーロラシーズンのアイスランドでは、全6回のオーロラチャンスを期待している方も多いと思います。
イメージ
「地中海の宝石」と称される2番目に小さな国モナコ、世界の人々を魅了するエジプトなど、全23寄港地!

地球が創り出す壮大な景色に、親子で感動を重ね、心に残る旅になるでしょう!

わくわくドキドキの103日間!
旅のレポートや船内での様子は、このブログでお伝えします。102回クルーズは、9月1日に出航します。
(ピースボート子どもの家:川上つかさ)

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る