船内生活のインタビューしました!

ピースボートはイースター島へ向け、太平洋を南東へ航行中です。
赤道を通過したばかりですが、気温は24度!涼しい気候が続いています。赤道直下は灼熱の太陽というイメージがありますが、ペルー沖は南極からくる寒流のペルー海流の影響で熱くはありません。
イメージ
船で旅をしていると、大人も「思っていたことと違ったこと」に遭遇し、新しい発見も多いです。

今回は船内生活について、おじいちゃんと旅に参加している、りょうくんへのインタビューをレポートします!
イメージ

①子どもの家のお仕事(*)は何が好きですか?

(*:子どもが真剣に取り組むことは “Play / 遊び” ではなく “Work / お仕事”。モンテッソーリ保育の現場では、子どもの活動を “Work / お仕事” と表現します)

ぬいさし(※)です。
イメージ
(※:本物の針と糸を使っての縫い物のこと)
イメージ

②子どもの家が終わったら、何をして過ごしていますか?

プールに行ったり、じーじと麻雀したり、カードで遊んだり、トランポリンです!
ゆうわくんと、お部屋でプラレールして遊んでます。
イメージ

③日本の保育園とピースボート子どもの家と、違うところは何ですか?

日本の保育園には、麻雀や将棋や8階のフリースペースのような広いお部屋はないです。
あと、ぬいさしもないです!

④ピースボートで一番楽しかったことは何ですか?

運動会!
イメージ
玉入れをしました。ぼくは青組で強かったです!でも、黄色組みが勝ちました。
イメージ

⑤これからピースボートで、どんなことチャレンジしたいですか?

将棋とか麻雀を、お兄ちゃんのお友だちを集めてやってみたいです!

イメージ

「あと ちょっと で にほん に かえる ん だよねー?」
りょうくんは、日本に帰ることを楽しみにしつつ、船内での生活をエンジョイしています。
多くの乗客が集まる8階のフリースペースでお兄さんやお姉さんに遊んでもらっている姿をよく見かけます。
イメージ
約1100名の乗客が家族のように旅するピースボートならではです!!
船旅は残り約1ヶ月となりました。子どもたちはどんな思い出を日本に持ち帰るのでしょうか?
お楽しみが続きます!
(冨永和美)

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る