2016年6月14日 | ブログテーマ:お知らせ

2017年春&夏、「子どもの家」実施決定!

先日、この夏に出航する第92回ピースボート「地球一周の船旅」にご参加予定の親子皆で顔あわせを行いました。

「子どもの家」実施10回目となる今回、子どもの参加が過去最多の25人!そのご家族もあわせると、60人を超えるビッグファミリーです。先生4人、コーディネーター1人、他にも多数のスタッフで万全の体制をつくってお迎えします。どんなクルーズになるのか、今からとても楽しみです。

 

さてそんな中、次回クルーズの実施が決定しました。

2017年春の第94回ピースボート「地球一周の船旅」、および2017年夏の第95回ピースボート「地球一周の船旅」にて、洋上のモンテッソーリ保育園「ピースボート子どもの家」を実施します!

 

第94回「地球一周の船旅」航路

map_largescheduleText-2

北欧航路が魅力のこちらのクルーズ。

人気の北欧に数々の「初めて」を加えた特別な航路となりました。注目はピースボート初のセーヌ川通航。本船からフランス北部の美しい景色をのぞみます。そして、カリアリ、バレンシア、ポルト、ルーアン、セント・ジョージに初寄港。また、北欧5ヶ国に加え人気のラトビア、エストニアへ。フィヨルドと北極圏の遊覧も見逃せません。新しい旅の魅力を拓く地球一周がはじまります。

詳細はこちらへ。

 

 

第95回「地球一周の船旅」航路

map_large-1scheduleText-2-1

 

オーロラに出会えるチャンス豊富なのが魅力のこのクルーズ。

待望のミャンマー、ボルドーなど5つの初寄港をゆく新航路。躍動のアジアから船は、クレタ島、ドブロブニク、ロンドンなど人気寄港地を経てオーロラシーズンのアイスランドをめぐります。そしてニューヨークに入港。キューバ、カンクン、ハワイイ…と旅のフィナーレまで注目の寄港地が続きます。全23寄港地。

詳細は、こちらへ。

 

「ピースボート子どもの家」パンフレットも、近日中に完成予定です。

資料請求は随時、受け付けています。船内見学会も、8月に全国6都市にて実施します。

 

寄港地の見どころ、おすすめのツアーなどを今後ブログでご紹介していきます。お楽しみに!

 

 

このエントリーにコメントする

⇩コメント欄を表示する⇩(クリックで開閉します)

2016年6月10日 | ブログテーマ:お知らせ

アイスランド大統領選挙に、アンドリ・マグナソン氏

o0267040013650525373
Andri Snær to run for President of Iceland (Iceland Monitor, May 19 2016)
http://icelandmonitor.mbl.is/news/politics_and_society/2016/04/10/andri_snaer_to_run_for_president_of_iceland/

人口31万人。
男性の平均寿命は世界1位。
GDPは世界トップクラス。
そして、電力の100%が自然エネルギーという環境先進国。

そんな国、アイスランドの大統領選に、ピースボートに何度もご乗船いただいている水先案内人、アンドリ・スナイル・マグナソンさんが出るそうです!

アンドリさんは、世界中でさまざまな文学賞を受賞している作家であり、環境活動家。家族と自然を猛烈に大切にしている愛ある人で、アイスランドのスーパースター、ビョークとも親しい。ピースボートでアイスランドを訪れるたびにアンドリに乗船してもらっていたから、ピースボート関係者はみんな、彼の大ファンです。

「アンドリは、これまでに世界で出会った魅力的な大人の中でも、心から尊敬する大好きな人ベスト10に入る」とスタッフの小野寺愛談。好きすぎて、アンドリについては2本もブログに記事を書いています。彼の書いた本や、知的でユーモアに富む主張について、ぜひ以下を読んでみてください。

●アンドリ・スナイル・マグナソンという大人①
http://ameblo.jp/sunday0106/entry-10357584585.html#main

●アンドリ・スナイル・マグナソンという大人②
http://ameblo.jp/sunday0106/entry-10369006181.html#main

国の電力の80%近くを地熱でまかなっているアイスランドでは、(あと20%は水力や水素だから、合計すると「100%自然エネルギー」を達成)国民は伝統的に、生パンを地中の箱に入れてパンを焼いたり、裏庭を掘って蒸気湯沸し器を設置してきました。

地熱ポカポカの天然の床暖房効果をビニルハウスに閉じ込めて、温室栽培をしているおかげで、北緯66度の極寒の地でも、野菜や果物がよく育ちます。レイキャビクのスーパーでは、「アイスランド産」のトマトやバナナ(!)が売っています。

地熱を利用して医療やスパを作り、地域おこしをしている場所もある。世界最大の露天風呂「ブルーラグーン」は、世界中から観光客を集めています。

アイスランドは、そんな不思議で、魅力たっぷりの国です。

(2017年春の第94回、夏の第95回「地球一周の船旅」では、アイスランドに寄港します!)

それにしても、こんなに素敵な人が大統領選に出る国・・・。羨ましすぎますね。

 

 

このエントリーにコメントする

⇩コメント欄を表示する⇩(クリックで開閉します)