2017年5月12日 | ブログテーマ:2017年春洋上レポート

オーケストラユースと音楽交流♪

先日こちらのブログでご紹介しました「カラカス市民オーケストラ」のユースが交流会を開催してくれました!

この日は、メンバーのマルレンちゃん、アナイスちゃん、エメリちゃんの3名が、ゲストとして「子どもの家」の子どもたちと音楽交流をしました♪
DSC01974h

まずは自己紹介。
名前を聞いたら、「こんにちは~〇〇ちゃん~♪」とメロディーに合わせながら、ポーズをとります。

例えば「こんにちは~アサヒくん」と、トラ(ガオー)のポーズをしたり、「こんにちは~マナちゃん」とスカートを手で作ってお姫様のポーズをしました。
DSC01979i

続いて「ドレミファソラシド~♪」の音階をみんなで歌いました。
早く歌ったり、ゆっくり歌ったりして楽しみました。
DSC01982g

音楽に合わせて歩いたり、踊ったり身体を動かします。
DSC01984f

音楽が止まると同時に、ストップ!!
音を聞いて、ピタッ!と止まる子どもたち。
「次は、面白い格好で止まるよ」と聞いて、思い思いの格好でストップ!!
DSC01986e

最後に、手の甲にトーン記号や音符を書いてもらって、ニッコリ♪
DSC01994c

DSC01990d

音楽が大好きな子どもたち。
また音楽交流ができたらいいね!
DSC02011b(川上つかさ)

このエントリーにコメントする

⇩コメント欄を表示する⇩(クリックで開閉します)

2017年5月10日 | ブログテーマ:2017年春洋上レポート

ギリシャで心も身体もリフレッシュ!「サンシャインハウス」訪問

スリランカから13日間の洋上生活を過ごし、5月10日、次の寄港地、ギリシャのピレウスに到着しました。

 

ピレウスといえば「パルテノン神殿」が有名ですが、
今回は、観光旅行ではなかなか体験できない、『ギリシャの田舎町でオーガニックとヒーリング体験』ツアーをご紹介したいと思います。

 

港から約2時間のバス移動。向かった先は、エヴィア島にある「サンシャインハウス」です。エーゲ海とオリーブの木に囲まれたこの地域は、親しみをこめて「20年前のギリシャ」と呼ばれているそうです。
ここ「サンシャインハウス」では、有機農法やヨガ、タイ式マッサージを教えていて、1年中、世界各国からのゲストを受け入れているそうです。
私たちも、ヨガやスチームバス体験、夕食にはオーガニックの素材を使ったギリシャ料理をいただきました。

 

「サンシャインハウス」に到着すると、みなさん、素敵な笑顔で出迎えてくれました。
P1050138a2

 

ウェルカムドリンクとおやつで、もてなしてくれました。
ハーブティー、イチゴ、サクランボ、ドライフルーツ、チーズやほうれん草のパイ、全てオーガニックのもので、自家製だそうです。美味しそう!

子どもたちは、久しぶりに食べる新鮮なフルーツが大好評でした。
IMG_3299b2

IMG_3304c2

日本では目にすることがないタイプの、ブドウのドライフルーツ。
酸味と甘みが丁度いいバランスで、食感もカリカリしていて、止まらない!
IMG_3301d2

ブドウの木の実を乾燥させて作っているそうです。
IMG_3300e2

ヨガを体験。ツバキくんも一緒に参加しています。
P1050139f2

私たちはストレッチ、彼にとっては、楽しいトンネルくぐり!
P1050145g2

手作りのスチームバスがお庭にあります。
蒸気で真っ白になった室内に入ったとたん、「暑い~!無理~!」と、すぐに出ていったリオンちゃんでしたが、大人たちは、じんわりと汗をかいてサッパリ爽快!自家製ハーブソルトでお肌もすべすべです。
(中の写真は撮れないので、外観をどうぞ。)
IMG_3364h2

気候は日本の春のよう。
日差しや風が気持ちよく、お庭で遊ぶのもボーッとするのも最高の場所です。

 

ツリーハウスから「やっほー!」
IMG_3316i2

下りるときは、ちょっと怖かったかな?
IMG_3319n2

トランポリンでは、子どもたちがキャハキャハと大笑いしながら楽しそう。
IMG_3307j2

ギリシャ料理の見学。ハーブやオリーブオイルをふんだんに使います。
IMG_3324k2

お米をブドウの葉で巻いた伝統料理。ブドウの葉も食べられるんですね。
IMG_3328l2

素焼きのお皿にたくさんのごちそうを盛りつけます。
食前に、感謝の意が込められたギリシャの歌をうたってくれました。
IMG_3384m2

ツアーに参加した大人は、それぞれにリラックスしていた様子です。
子どもたちは、久しぶりに土や草に触れ、身体を思い切り動かして遊び、開放感を味わったことでしょう。
爽やかな風が通るたびに、木々の葉がサワサワと音を奏でていた「サンシャインハウス」は、ゆったりととした時間が流れ、リラックスした1日になりました。

ピレウス以降は、ヨーロッパの寄港地が続きます。次はどんな出会いや発見があるでしょうか。次回もお楽しみに!
(平松亜衣)

このエントリーにコメントする

⇩コメント欄を表示する⇩(クリックで開閉します)
  1. コメントはまだありません