様々な特技をもった1000人の大家族!

ピースボートには、約1000人の乗客が大家族のように一緒に生活をしています。
世界各国から年齢層幅広く参加しているので、特技をお持ちの方がたくさんいらっしゃいます。

“子どもの家パートナー”の皆さんがゲストとして、子どもの家に来てくれました!

子どもの家パートナーとは…
アドバイザー深津高子さんの講演を聞き、モンテッソーリ教育に興味を持たれた方、教育について深く学びたい方、また、船内の子どもたちと仲良くなり、子どもたちとより関わりたいと思ってくれた方、縫物や工作が好きでお手伝いしたい方など、何らかのかたちで子どもの家に関わりたいと思ってくれたメンバーです。

必要な道具の準備や、子ども向けの出し物をしてくださる方、次に行く寄港地について説明してくださる方など、様々な方面からサポートをしてくださいます。

今回は出し物をしてくださったゲストの方々を、ブログでご紹介します!

オカリナの演奏を披露してくれた、おはるさんとのオカリナーズ♪
先日寄港したプエルトケツァル(グアテマラ)で購入した打楽器の演奏もあり、ここちよいオカリナのメロディーと共に演奏してくださいました。
イメージ

この日は、子どもの家に初めてゲストが来たので、子どもたちは少し緊張している様子…

『エーデルワイス』や『春上来了』という中国の歌、『ちょうちょ』などを演奏してくださり、『しあわせなら手をたたこう』では、マラカスを貸していただいたので、オカリナの演奏に合わせ、子どもたちもマラカスを鳴らし楽しめました♪
イメージ

別の日に、バルーンアートを披露してくださったのは、たんたんさん!
本名は隆子さんというので、「今日は隆子さんがゲストでいらっしゃるよ」と子どもたちに伝えると…「たかこさん くるの?!」と、アドバイザーの深津高子さんが船に戻ってくるのかと、驚いていました!

以前から子どもたちは、隆子さんと交流があった様子で、たんたんさんが子どもの家に来るなり…
「たんたん の こと か~!」
大喜びの子どもたち♪
イメージ

風船で何ができるのか、興味津々で見ている子どもたち^^
お花や動物など、次々に作って見せてくれました!
イメージ

「これは何の動物かな〜!?」

たんたんさんに聞かれると…

「ねこ!」「いぬ!」「きりん!」

お子さんたちはそれぞれ出来上がっていく風船を見ながら、ワクワクが隠し切れません^^!

輪ゴムを使ったマジックを見せてくださった、昭賢さん!
中文をお話しするゲストのため、通訳にピースボートスタッフのひろさんも来てくれました。
イメージ

台湾から参加しているご家族のお父さんです!
2人のお子さんとピースボートに参加しているため、子どもたちとは日頃から交流があり…

「じんくん と まことくん パパ だー!」
イメージ

子どもの家へ来てくれて、とても嬉しそうな様子です^^

ピースボートは、約1000人のが乗客が旅をともにし、皆さん様々な特技を持っていらっしゃいます。
旅する中で、興味があることを気軽に体験できるのはピースボートならではの特権です^^

次は、どんなゲストが来てくださるのか、楽しみです♪
(大西瞳)

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る