第76回クルーズ「子どもの家」、出港しました~!!

14人の子どもたちとその保護者を乗せて、ピースボート第76回「地球一周の船旅」が出港しました~!

o0800053311999711722

出発地となる横浜港大さん橋で、これから102日間の「家」となるオーシャンドリーム号が旅立つ子どもたちをお出迎えします。
見送りに来てくれた家族や友人と、しばしの別れの挨拶をして、一人、また一人と船へと乗り込んでいきました。

o0800060011999679239

今回は、自営業だったり、転職の合間だったりでお父さんも4人参加していますが、なかなか休みがとれないお父さんは陸に残り、お母さん+子ども(+祖父母)で旅をするのが「ピースボート子どもの家」ではまだまだ一般的です。

子どもへの一生の贈り物だと心に決め、最愛の妻と子どもたちを送り出すお父さんとの、涙のお別れ。
港から、たくさんお手紙書きます。いっぱい大きくなって、戻ります!!

o0363027311999547911

船のデッキと、港の岸壁で見送る家族と、大きな声で「いってきまーす!!」「いってらっしゃーい!!」がやりとりされます。

つながっていた紙テープがちぎれ、ゆっくりゆっくりと陸を離れていく感覚は、2歳児にも「旅立ち」だとしっかりと理解されるのでしょう。
腕がちぎれそうなほどに一所懸命手を振りながら、感極まって泣いてしまう子どもたちの横顔を見て、お母さんもまた、ホロリ。
何度立ち会っても、感動的な風景です。

o0800053311999710143

さあ、ちょっぴり淋しい気持ちになりましたが、新しい「家」である船の環境はワクワクそのもの。
明日から毎日通う洋上保育園「子どもの家」を見学し、オリエンテーションを受けた後は、みんなで船内を探検です。

「ここは、船のなかでいちばん大きなお部屋だよ。ブロードウェイラウンジ。500人も座れます。高子先生のお話や、音楽をやるひとのライブ、それに映画もここで見ることができるんだよ。ここに来るときは、静か~にするんだよ」

o0800060011999679240

「ここは、スポーツデッキ。サッカー大会をしたり、バスケの練習をしたりするよ。みんなも、ここに来る時は思いっきり走って遊ぼうね!!」

o0800053311999701026

「ここは、レセプション。お部屋のことで困ったことがあったら、いつでもここに相談しにきてね」

o0674045011999692772

「子どもの家を出て、レストランにいくときはいつもこの階段をおりていきます。廊下のすぐそばにはお部屋があるから、寝ている人もいるかもしれない。静かにあるこうね。静かにあるくの、やってみよう!! ぬきあし、さしあし、しのびあし~♪」
船のコミュニティーに大切な、最低限のルールやマナーも一緒に伝えていきます。

o0800060011999679241

「はい、ここがレストランです。まだ今日は見ていない場所もたくさんあるけれど、明日からゆっくり探検を続けようね。今日はここでおしまい。おなかがすいた人~?」

o0800053411999692773

「はーい!!」
りえ先生の説明に、みんな納得の様子。

レストランには、ファミリーテーブルも用意してあるので、同行する参加ご家族同士、話もはずんですぐに仲良くなります。

「迷子になりそうですよね」
「しばらくは地図持ってあるかなくちゃ」
「船の場所と名前を覚えるのは、大人よりも子どもが早いかも…」(一同爆笑)

「かなでちゃんのお父さんは、ラッパーなんですね。テレビでみたことあります。かっこいい~!!」
「そらくんのお母さんは、お着物の先生!!素敵ですね~」

子ども同士はもちろん、親同士も、すぐに仲良くなれそうです。
みんな明日から、楽しく毎日を過ごそうね。

関連記事

ページ上部へ戻る