第92回「ピースボート子どもの家」スタッフ紹介!

みなさま、こんにちは!!

ピースボートスタッフの佐藤愛といいます。

第92回「地球一周の船旅」洋上で行う「ピースボート子どもの家」プログラムのコーディネーターを務めます。どうぞよろしくお願いいたします。

いよいよ明日、8月18日横浜・19日神戸を出発する地球一周の船旅。今回は、2~6歳の子どもたちが25名と、そのご家族が乗船します。ご家族やスタッフあわせると過去最多となる約50名のチームです。「子どもの家」のスペースだけでは足りないという嬉しい悲鳴。

そこで、今回は2つのクラス編成となりました!

◇2~3歳の子どもたちのクラスをIC(infant community)=歩けるようになった子どもたちの幼児クラス

◇3~6歳の子どもたちのクラスをCASA(Casa dei bambini)=幼稚園

 

それぞれのクラスに担任・副担任が入り、佐藤もコーディネーター兼フリーの保育士として子どもたちと時間を過ごします。私たちの「家」となるオーシャンドリーム号が横浜港に停泊中の数日間は、スタッフ全員で50人の大家族を迎え入れる準備を進めています。

これから順に、このブログに報告を書いていく保育士たちを、今回の記事では紹介します。

IMGP5792(MINI)

右上:コーディネーター佐藤愛(さとうあい)中央:CASAアシスタント清水美香(しみずみか)
左上:ICアシスタント斉藤裕子(さいとうゆうこ)右下:CASA担任薦田愛(こもだあい)
左下:IC担任本倉 理恵(もとくらりえ)

この5名のモンテッソーリ保育チームで参加する子どもたちやご家族の104日間の船旅を、より楽しく有意義なものへとお手伝いします!

地球一周はワクワクとドキドキの連続です。

家族の一生の宝物になるような旅のレポートを引き続き、お楽しみに…!
(佐藤愛)

関連記事

ページ上部へ戻る