グローバル・ティーチャーズ・カレッジ

【子どもの「探求する力」「生きる力」に関心のあるすべての大人の皆さんへ】

今夏・8月18日に横浜港を出航し、約3ヶ月をかけて25寄港地を船で巡る第92回「地球一周の船旅」では、洋上のモンテッソーリ保育園「ピースボート子どもの家」を実施しますが、同じクルーズで、教育を志す方向けのプログラムも行います。

top_image_02

「世界中の教育現場を見て、子どもの未来について熱い想いを持った人に、教育界で活躍してほしい!」

そんな情熱から、教育NPOコアプラスとタッグを組み、ピースボートがはじめる新たな試み。その名も「グローバル・ティーチャーズ・カレッジ」。

子どもの教育のための移住者が後をたたないシンガポールでは最先端のアクティブラーニングを視察し、「子どもの幸福度世界一」のオランダではイエナプラン校を訪問。「個」を重視するゆとり教育を行いながらもPISA(学習到達度調査 )で上位を取り続けるフィンランドでは、財政破綻の危機から国を立ち直らせた「奇跡の教育改革」の秘訣を探ります。紛争や貧困の中を生きる子どもたちに出会い、仲間と共に自分にできることを考える時間も、地球一周の船旅ならではです。

ファシリテーターとしては、これまで延べ3000人以上の教育者に研修プログラムを提供してきたコアプラスの代表、武田緑さんが乗船。等身大で心に響く言葉を持つ彼女ならきっと、洋上でも現場でも活きる視点や力量を身につける対話の場を作ってくれるはず!

地球一周して、世界中で子どもに出会って、自分のことばでこれからの世の中を語ることができる人が、学校の先生になってくれたら。それはピースボートのスタッフだけでなく、すべての親たちの願いではないかと思っています。

教育を志す、情熱ある人が多数乗船する予定の、ピースボート第92回「地球一周の船旅」。ますます面白くなりそうです。

 

●「グローバル・ティーチャーズ・カレッジ」の詳細、説明会のお知らせはこちら
●同じクルーズで実施する「ピースボート子どもの家」の詳細、説明会のお知らせはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る