船内イベント:夏祭り

船内イベントの様子をレポートします。
洋上夏祭り―ななよる祭―が行われました。
(※74回クルーズの「74」とかけて「ななよる」)
プールデッキには、食べ物や飲み物の屋台が並び、船内フリースペースでは、「地球写真展」が行われ、これまでの寄港地や船内生活、イベントの写真が勢揃い。

腕相撲大会、ダンスショーもありました。
子どもの家のみんなは『ヨーヨー屋さん』を担当。
前々からお部屋に集まって看板作りをし、当日をとっても楽しみにしていました。

でも、いざ浴衣を着てはりきってプールデッキで準備がばっちりになっても、わたがし、フライドポテト、かき氷なんかのお店と比べても、なかなかお客さんがやってきません。

「やっぱりチケットよういすればよかったね」
「だれもきてくれないね」
「おみせがあることきづいてないんじゃない?」
と、子ども達はそわそわ。

「いらっしゃいませー、って大きい声で言ってみたら?」とママ達に言われても、なかなか大きな声を出すことができません。

時間と共に段々とお客さんが顔を出してくれるようになり、ちょっとづつ場慣れして自信も出てきたのか、そのうちに「3ついじょうヨーヨーつれたひとには、ふうせんのぷれぜんとがありますよー」「ちゃんとならんでくださーい」「これでつるんだよ。やりかたわかる?」なんて、はきはきした声が聞こえるようになってきました。

1歳児のかおるくんとあんちゃんもにっこにこ!!

1歳児のかおるくんとあんちゃんもにっこにこ!!

そのうちに看板を手に歩いて、無理矢理の(笑)客引きをするまでに!!
無事に用意した水風船はすべてなくなり、「おきゃくさんいっぱいきたねー」
「けっこうたいへんだったね」なんて、ご機嫌の子ども達でした。

…さて、この日、子ども達にとって印象的だったのは何といってもお化け屋敷!!
お兄さんお姉さん達が作り上げた手作りお化け屋敷は大行列。
入る前から悲鳴や鳴き声が聞こえてきて、1歳の杏ちゃんは「こわいからやだ」と入れなかったほどの大人も怖がってしまうような出来栄え。

「ぜーんぜんこわくなんかないよ!!」なんて言っていためいちゃん、ゆいちゃんも、中に入ると大泣き。
「おばけのひと、こないでー!!」と叫びながら、ママにひっついて離れませんでした(笑)

この日が初めてのお化け屋敷体験だった子も多く「ぶたのマスクかぶってるひとがいたよね」
「うちもみたよ、ずっとめつぶってたけど、そーっとめあけたら、かみのけながいひともいた!!」
「え、それみてない」
と、興奮期見の子ども達の夕食時間はお化け屋敷の話題で持ち切りでした。

夏祭り後も興奮冷めず、しばらくお化け屋敷ごっこが流行ったんですよ!!
他にも、子どもにも楽しめるようにと、風船の部屋があったり

浴衣ファッションショーもありました。

夜には、100人以上で踊る盆踊りなどなど、親子で思いっきり遊んで楽しめる、「日本の夏」を感じられる1日となりました♪

関連記事

ページ上部へ戻る