放課後の楽しみ方:吹奏楽体験

続いても、親子で楽しむ放課後企画のレポートです。

船の旅は、飛行機旅行と違って持参する荷物も異なります。
自分の部屋がある大きな村が地球をぐるりとまわるのですから、皆さん移動を楽しみながら旅をしています。
中でも、楽器を持参してくる人はピースボートの船旅では珍しくありません。

一人はトランペット、一人はクラリネット、はたまたホルンやフルートを持ってくる方。
みんなが合わされば立派なオーケストラが出来ますよね。

年齢に関係なく、同じ趣味を持った者同士がデッキに集まって練習をしているのもピースボートならではな風景なんです。

そこで、今回は楽器を持ってきている方々に子どもたちに楽器紹介を兼ねて吹奏楽体験をさせてもらいました。
音色は聞いたことがあっても、手にとって見るのははじめての子どもたち。

参加者の方がクラリネットやトロンボーンなど、ケースから出して組み立てるところから見せてもらいました。
子どもたちのために実際に演奏を聴かせてもらうと、大きな音に子どもたちも釘付け。

「静かにしてね」なんて大人が言わなくたって、誰一人一言も声を発しませんでした、笑。
そのあと、「吹いてみたい人~?」と声をかけてもらうと、
「はい!!」「はい!!」とみんな大盛り上がり。

マウスピースで吹かせてもらい、唇にブルルル、と音が響く感覚にみんなで大笑いしていました。

この日がきっかけで子ども達、ママ達と仲良しになった吹奏楽仲閒の皆さん。
後日とおるくんの10月7日のお誕生日にはサプライズで子どもの家に来てくれて、
ハッピーバースデーの歌、あんぱんまん、ミッキーマウスなど数曲を披露してくれました。

関連記事

ページ上部へ戻る