2018年ゴールデンウィーククルーズよりただいま 〜未就学児編〜

2018年4月29日〜5月3日に実施されたショートクルーズ洋上、「3~6歳向けのアクティビティ」「2歳向けの託児」の報告です。
イメージ
出航当日、少し緊張とワクワクな面持ちで船に乗船してきたみなさん、シップリンがお出迎えしてくれました。

待ちに待ったピースボートクルーズ、出航しいよいよクルーズ始まりました。

●フェトフレーム作り
初登園はゆっくりとお部屋に慣れて写真たて作りをすることができました。貝殻、木のパーツ、シーグラスで製作し、個性豊かな作品ができました。


手が少し汚れるのを、心配する子もいましたが、みんなが楽しそうに製作している様子を見ると、
「僕もやってみるー」と一緒に作って会話も生まれみんなすぐに仲良しに!!

●ねんど遊で遊ぼう
初めて粘土に触れた時の反応が「キャーーー♡」手で感触を楽しみながらの思い思いも作品が!
「それどうやって作るの?」
「ボール作るの難しいなー。手伝ってあげるよ!!」など、優しい会話も飛び交う中、ハリネズミやおにぎり、ハートのプレゼントまで♪
早速仲良くなったおともだちにあげるーっと微笑ましい粘土遊びとなりました。

●シャボン玉ー関門海峡通過
今日は関門海峡を通過する日です。併せて外遊びをしようとシャボン玉を準備しました。


みんなシャボン玉は大好き!
シャボン玉を追いかけて遊んだり、”シャボン玉くっつくかなー?”とお友達のシャボン玉と息を合わせて作ってみたり、”僕はシャボン玉の中にシャボン玉を入れたいんだ!どうやったらうまくいくだろう?”と遊びの中で考える!などなど、どんどん広がるシャボン玉遊びでした。

●キッズイングリッシュ
毎回大人気なのがこちら、GETの英語のレミー先生か遊びに来てくれました。子ども達も大盛り上がり。

空手のポーズで体を動かしながらワン・トゥー・スリーという具合に英語で数えてます。

知っている動物を英語で言ってみたり、みんないい顔をしていました。英語の歌を歌った後はすっかり仲良しになり、みんなレミー先生が大好きでピッタリくっついて離れません。

「レミー先生に聞きたいことはあるかな?」と投げかけると子どもたちはたくさん質問をして、最終的には「好きな象はなんですか?」などレミー先生がなかなか答え難い質問も飛び交っっていました。。。

●洋上ミニミニ運動会
子どもと保育士だけで運動会をしました。その名も「洋上ミニミニ運動会」です。障害物競争や、玉入れ、しっぽ取りゲーム、じゃんけん列車!

大きいお友だちが見本を見せてくれると、小さいお友だちが真似をして玉入れをしたり、
しっぽとりをしたり、時間が足りないほど遊んでました。
最後はじゃんけん列車です。

みんなに「がんばりましたメダル」をプレゼント」

終わった後もまたやりたいな♪とリクエストがたくさんありました。

●ダイナミックに絵を描こう。
大きな画用紙を床や壁に準備してそれぞれ思い思いの絵を自由に書けるようにしました。

書きたい放題!で楽しんでいましたが、集中するとみんなの才能が大爆発!!
お魚を描いていると、お船が描きたい、それからこの船ピースボートが描きたいと声が上がり、大きな船を書くと、、、落ちないように柵がいるね!今みんなのお部屋も描くからね船の周りは海だね。


海ならお船が停まる島もいるね!宇宙にも行きたいね。と想像力はまさに無限大!宇宙規模の作品が出来上がりました。

●ブリッジ見学
子どもアクティビティに参加している方を対象に特別に操舵室(そうだしつ)の見学に行かせていただきました。
今回は保護者の方も一緒です。子どもたちも家族の方と一緒に過ごせて喜んでました。


記念写真もたくさん撮りました。帰ってきた子たちは船長さんのお部屋楽しかったーーと満足げに教えてくれました。

●リトミックであそぼう
最後のアクティビティーはリトミック。音楽に合わせて最初は人間ーーとみんなでテクテク歩き人間から象やウサギと変身して音楽とともに体を動かしました。

最後は子どもたちがそれぞれなりたいものを言ってみんなでやってみました。
レンジャーのこれできるかな?どんなポーズにする?と盛り上がりを見せました。

●またあおうね会
短いクルーズではありましたが、とても濃い日々を過ごしていたので降りる頃にはお別れするのも寂しい気持ちになります。
旅は終わってしましますが、「またあおうね」という気持ちを込めて、これまでアクティビティで過ごしてきた様子をスライドショーにちてご家族のみなさんに見ていただきました。

記念として子どもたちが自分で作った写真たてに集合写真を入れてお渡ししました。
お名前を呼んで一人ひとりに声をかけていくと、少しはずかしそうな表情だったり、笑顔で受け取ったり、みんなそれぞれの表情を見せてくれました。

一緒に過ごした期間は短いですが、その中で日々成長していく姿を見せてくれました。そんな子どもたちは乗船した日よりひと回りもふた回りも大きくなったように見えました。

「ダイナミックに絵を描こう」で描いた絵は、こどもの日が近いこともあり、鯉のぼりに仕立てました。

ご参加いただいたご家族の皆さんありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る