7月7日、今日は七夕!

7月7日、グラテマラよりハワイへ向かう洋上で七夕を迎えました。
子どもたちは、浴衣や甚平を着て登園し、七夕餅つき大会へ参加しました!

臼に、もち米を入れる場面を見たソウちゃん、
「おこめや~!!」と、驚きの声!

麻弥先生が「【もちごめ】というお米をついて、お餅になるんだよ。」と、話すと「そうなんや~!」と、ソウちゃん。

お餅が何でできているかを知り、大発見です!DSC02478

船内は、様々な世代が一緒に生活をする1000人の村のような空間です。

大家族のように仲良くなった子どもたちは、おじいちゃん世代の方々と一緒に餅つきです!「よいしょ~!よいしょ~!」かけ声に合わせて、重たい杵を振り下ろします。DSC02465DSC02470

つきたてのお餅をいただきます。
きな粉、あんこ、醤油、3種の味で、どれも子どもたちに大人気。

「きなこがおいしかった~!」と、チーちゃん。
「(日本の)ほいくえんは、きなこがおいしかったけど、ふねは、しょうゆがおいしい!」と、フクちゃん。

子どもたちは、何度もおかわりをして、たくさん食べていましたよ!DSC02491DSC02513

続いて、短冊に願い事や絵を書きにやってきました!DSC02521

自分で笹に飾ります。DSC02530DSC02547

子どもたちの書いた短冊の一部をご紹介します。心がほっこりとする、素敵な願い事です!DSC02535『かぞく みんな たのしく くらせますように えま』
『いつも ありがとう だいすき みんなのなまえ わすれないよ まな』DSC02552
『みんな 幸せになりますように りおん』

家族はもちろん、船で出会った、お友だちを大切に思う気持ちが表現され、胸が熱くなりました。DSC02486地球をぐるりと一周し、多様な社会に出会った子どもたち、どんな大人になるのでしょうか!これからが楽しみです。
(平松亜衣)

関連記事

ページ上部へ戻る