のはらヒロコさんと歌おう!最終回の巻

水先案内人(ゲストスピーカー)でミュージシャンの、のはらヒロコさんと子どもたちが歌うワークショップシリーズ「のはらヒロコさんと歌おう!」を子どもの家では数回行ってきましたが、7月30日に最終回を迎えました。横浜出航以来、約3週間ずっと船旅を共にしてきたヒロコさんは8月3日、コリント(ニカラグア)で下船されます。

船内で子どもたちを見つけると、声を掛けてくれたり、遊んでくれたり、一緒にランチを食べてくれたり、と子どもが大好きなヒロコさん。子どもたちもすっかりヒロコさんのことが大好きになり、姿を見つけるとみんな駆け寄って行くほど。

写真①

この日も夕日に赤く染まったキッズルームにヒロコさんがやってくると今まで散り散りだった子どもたちが不思議なことに集まってきて自然に座りはじめます。

写真②

まずはいつもの歌あそびから。ウクレレに合わせてヒロコさんが歌い、子どもたちが真似っこ。次に聖者の行進の替え歌「きょうからみんなで」を元気に歌います。初回は恥ずかしそうにしていたコウくんも今ではすっかり大きな声で歌えるようになりました。

途中からお母さんたちや子どもの家パートナー(子どもの家を応援してくれている乗船客の方々)のお姉さんも合流。歌声はさらに賑やかに。

大人たちが合流すると、前回からトライしている歌

I can see clealy now(映画「クールランニング」主題歌)を今度は大人たちが二つのパートに分かれて大きな声で歌い、気分は最高に!ヒナミくんも「あー、あー」と大きな口を開けて一緒に歌います。ヒロコさんと歌うと自然とハッピーで温かい気持ちになるのは何故でしょう!!

楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。

最後はコウくんからヒロコさんへ感謝の気持ちを込めて「バナナのうた」をプレゼント。「バナナがいっぽんありました・・・♪」と元気に歌うコウくん。子どもの家のみんなからのメッセージカードをヒロコさんに手渡しました。子どもたち一人ひとりをギュッと抱きしめてくれるヒロコさん。見ていると胸がいっぱいになってきます。

しめくくりはいつものうた、「さようなら、さようなら、バイバイバイバイ元気でね」を手をつないで輪になって繰り返しみんなで歌いました。

ヒロコさん、楽しい歌の時間を本当にありがとうございました!子どもたちは出航以来、ずっとヒロコさんと一緒に旅してきて、すっかり歌うことが大好きになりました。

これからもヒロコさんと歌ったうたを子どもたちと歌い続けたいと思います。

写真③

関連記事

ページ上部へ戻る