大興奮!?ブリッジツアー

普段は立ち入ることのできない船の操舵室見学「ブリッジツアー」に子どもたち、ご家族、先生みんなで行ってきました。

いつもレストランに行くために利用する階段を今日は特別にもう1フロア登ります。すると、クルー(船員)しか入れない特別のドアが。そのドアを開けるといろいろな部屋があり、まるでオフィスのよう。

長い廊下の先に見えてくるのが操舵室。今日は海の波も穏やかで快晴。まず目の前に飛び込んでくるのが真っ青な空と様々な計器類。そこは以外と広くて明るい空間でした。子どもたちはいろいろな計器類に興味深々。とても高い位置にあるので、優しいクルーが子どもたちを抱き上げて見せてくれました。

イメージ

「なんだ?これは?」というふうに不思議な機械を見つめる子どもたち。一瞬で船の位置が把握できるコンピューターもあります。抱き上げてもらうと子どもの目線からも、船の舳先と大海原が広がる様子がみえます。なんと贅沢な景色なんでしょう!!

ブリッジツアー3

クルーが双眼鏡もあるよ、と貸してくれました。覗いてみると遥か遠く水平線の上にぽっかり浮かぶ豆粒のように小さい船がみえます。

(広い広い太平洋。船とすれ違うことがめったにないので見えるのは珍しい)

しばらくすると、豆粒のようだった船がだんだんと近づいてきます。船に書いてある文字が見えるところまで近づくと、案内をしているスタッフが「あれは日本の船ですね。」と教えてくれました。たくさんの荷物を積んだ貨物船を見ながら驚いたのは大人たち。中南米近くの太平洋で日本の船とすれ違うなんて何だか懐かしいような不思議な気分になります。大人たちが説明を聞いている間も部屋のいろいろな物が気になる子どもたち。3歳のこうくんは特別に舵を触らせてもらいました。クルクルまわる舵を動かし、船長気分でご満悦です。

ブリッジツアー2

私たちの船、オーシャンドリーム号がこの舵で方向を決めて動いていると思うと改めてすごいなぁと感じます。

すると突然、「ウミガメがいた!」という声が!!

ブリッジの両端に床から天井までガラス張りになっている部分があり、そこから真下の海を見てみると前足を動かして優雅に泳ぐ大きなウミガメがはっきり見えました。「ウミガメ見えたー!!」と叫ぶ大興奮の大人たち。しばらくするとカメは海の中に消えていきました。「また見えた!」という声にもう一度見てみると、今度は小さな小さなウミガメの子どもが一生懸命前足を動かして泳ぐ姿が目にとまりました。「可愛いー!」「小さーい!ウミガメの赤ちゃん!」とこれまた大興奮の大人たち。子どもたちにも見せてあげましたが遥か下、海の上に一瞬浮かんだウミガメに気づいたでしょうか!?(笑)それにしてもウミガメが見られるなんてとてもラッキーでした。

最後はクルーと記念撮影。

優しいクルーのみなさん、仕事場を見せていただいてありがとうございました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

ページ上部へ戻る