参加したご家族の声(2016年夏)

ゆーみんさん
(6歳の息子と参加)


子どもが何に興味があって何を感じているか、何を見て、どう思っているのか、見ることができました。又、小さなお子さん達と出会い自分の子どもが幼かった頃の自分の気持ちなども思い出して良い経験でした。交流ツアーを主に選んで参加したので世界の子どもたちと過ごせたことを子どもが今後どう感じていくのか楽しみです。

ゆかた、じんべいを着てファッションショーに参加できた。子どもと一緒に何か参加できるのはありがたいです。

水馬トシエさん
(5歳の孫・れいちゃんと参加)


お友だちと一緒にいることの楽しさをたくさん味わいました。もつれ合って過ごす中で友達を人間を信頼できる子に成長したと思います。また、友達に刺激されて、人前にでることをいとわなくなった事は大変うれしいことでした。 この経験はこれからの彼女の大きな強みになると思います。私はお母さん方の豊かな個性、深い子どもに対する愛情にふれ、幸せな思いに何度もなることができました。

西尾光枝さん
(2歳3ヶ月の孫・なつきくんと参加)


孫の成長には驚かされっぱなしです。
言葉はまだまだ単語だと思っていましたが、今ではすっかり会話ができています。また、飛んだりはねたり、でんぐり返しができるようになりました。

福永千鶴さん
(2歳3ヶ月の息子・なつきくんと参加)


自主企画のコーラスに参加したこと。子どもとは別のステージで何かにうち込むことは、産後以降はじめてです。

私は自分を見つめ直す機会を得ることができました。
子どもは2歳という年齢もあり、お喋りをたくさんするようになりました。
歌を歌ったり、お友だちと会話をしたり、友達の名前を大きな声で呼んだり、お友だち同士で遊べるようになったのも乗船してからです。

福沢かおりさん
(4歳の息子・そうたくんと参加)


子どもは本当に良く歩くようになりました。気に入らないことがあると駄々をこねていましたが、前もっての約束でかなり防げるようになりました。
親子が一緒に過ごす時間がたっぷりとあるので、朝と夜のそれぞれ30分くらいの間ベッドの上でゴロゴロしながら「幸せだね~」と、お互いに言っていました。昼間に何かあっても、この時間をもつことで、1日の最初と最後は優しく幸せな気持ちになるようにしています。

世間や大人の偏見などに染まる前に子どもの純粋な目で世界を見て欲しい!まさにその思いで乗船を決意しました。世界中でテロがある、子連れで貧富の差のある治安のあまり良くない場所に行くのはどうなんだろう?など、悩みはつきませんでしたが、子どもと一緒にまわった世界はどこまでも子ども達に優しく人種などまったく関係なく、私たち親子を受け入れてくれました。5歳での乗船は細かい記憶が残らないかもしれませんが、優しくしてもらった心地いい感じはきっと忘れないと思います。

新井泉さん、康夫さん
(5歳の息子・そうたくん/3歳の娘・きこちゃんと参加)


「子ども達に広い世界を見せたい」という気持ちを共有できる素敵な親仲間ができたことで、旅が何倍も楽しくなりましたよ!

佐口美佳子さん
(6歳の息子・はるやすくんと参加)


モンテッソーリ教育に興味を持ってくれるのか、難しいのではないか、と心配していましたが、すっかり大好きな様子です。
帰国後、ごく自然に家事を手伝ってくれました。自分が出来ることが増えたからかもしれませんが、以前のように時間もかかるし、手間もかかるから、やって欲しくないとは私も感じず、器用にやりとげるのを、隣りで他のことをしながら見守れるようになりました。親子で成長したな~!

ちあいさん
(2歳の息子・ちーちゃん/4歳の息子・そうちゃんと参加)


ピースボートに乗船し、かけがえのないお母さん仲間ができました。すごく幸せです!
これまで1人で育児をしているように思っていましたが、やっぱり子育てにはたくさんの人が関わる方が子どもにとって絶対良いということ。普段なら、チャレンジしていない事でも船内なら何でもできそうな気がしていろいろチャレンジしたくなる!そしてやれたこと!小倉祇園太鼓や水彩画教室に挑戦しました!

子どもは自己主張し、お友だちと関わるようになりました。
言葉の発達がすごい!手先がとても器用になった。モンテッソーリ教育に出会えて良かった!

関連記事

ページ上部へ戻る