おかえりの時間 しのぶえ演奏会!

ICクラス(*)アシスタントの斉藤裕子です。
(*Infant Community:乳幼児クラス、2~3歳の子どもたちがここで過ごします)

先日の「おかえりの時間」にサプライズゲストがICクラスに来てくださいました。
今回、親子三世代で乗船されている2歳の男の子のおばあちゃんが篠竹で作られている“しのぶえ”を演奏してくださるということで子どもたちも興味津々。

子どもたちに馴染みのある曲を演奏してくださり
・こいのぼり
・証城寺の狸囃子
・ちょうちょ
の三曲を演奏してくださりました!

しのぶえの演奏が始まると、子どもたちは‘シーン’と静まりかえり
じーっとしのぶえを見て、心地よい音色に耳を澄ましていました。
中には歌詞を口ずさむ子も。
普段、なかなか目にすることが少ない楽器に子どもたちも集中して見て、聞いていましたよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちょうちょの歌は手でちょうちょを作って、演奏に合わせてみんなで歌いました。
みんなとっても良い表情をしていましたよ!
最後にしのぶえを近くで見せてくださり、穴に指を当ててみたりして、また新しい楽器を知ることができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3歳の女の子はしのぶえの音が心地良かったのか
「また ちがうのききたいね~」と早くも次回を楽しみにしている様子でした!
素敵な時間をありがとうございました!!!

追記:
しのぶえ演奏の翌日から、絵カード(*)の楽器にしのぶえがあることに気づいた2歳の男の子。しのぶえのカードを見ては、「みたね~」と毎日嬉しそうに保育士に知らせてくれます。

[*:2歳ごろになると、目の前に本物がなくてもミニチュアや写真・イラストでものごとを理解できるようになるため、楽器や食べ物・動物など様々な絵カードを使って語彙を増やしていきます]
実際に見たものとカードのものが同じとわかったことが嬉しい!という気持ちが伝わってきます。
こうやって、実際に見ることで身近に感じることはいいことですね。

世界ばかりか、日本の文化にまで親しむことができる船内。贅沢な毎日です。
(斉藤裕子)

関連記事

ページ上部へ戻る