歌うの大好き!!(ICクラス)

こんにちは。
ICクラス(*)アシスタントの斉藤裕子です。
(*Infant Community:乳幼児クラス、2~3歳の子どもたちが過ごしています)

最近のICクラスは、たくさんの言葉が飛び交うようになり保育士たちもびっくり!
言葉の吸収がここ最近でぐうーんと増えた子どもたち。

一言ひとことがしっかりしてきて、
自分の欲求や思っていることを少しずつ言うことができるようになってきました。

歌をうたうことも、大好きです。
「虹」や「七つの大陸」、「トゥエ トゥエ」(ガーナの歌)など船に乗ってから覚えた歌はみんな大好き!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんとなく口ずさんでいることも多く、お部屋でマラカスなどの楽器を持って一人が歌い出すと、みんなが集まってきます。

この日は
「Happy birthday ダルシャン~♪」と
いつもICクラスの昼食の配膳などをしてくれるクルーのダルシャンさんへの歌をうたっている様子。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

以前にブログに記事がありますが、
(大好きなロッシーさん、さようなら!:https://pbkodomonoie.jp/?p=3366
ロッシーさんがシンガポールで降りてしまったため、
今はインド出身のダルシャンさんが子どもたちの担当をしてくれています。

毎日子どもたちを笑顔で出迎えてくれて、
一人ひとりの名前を覚え、いつも名前を呼びながら接してくれています。

みんなが大好きなダルシャンさんの誕生日が9月23日と知り、
みんなで歌のプレゼントをしよう!と話していたので子どもたちも自然と歌を歌って練習していました!

レストランに行って、昼食を済ませたところでみんなで歌のプレゼント!
ダルシャンさんも子どもたちもとっても嬉しそう!!!

イメージ

みんなで集合写真を撮って
みんなで「おめでとう!」を伝えることができました。
イメージ

毎日行くレストランで逢うことを楽しみにしている子どもたち。
いつも同じ人が待っていてくれることが子どもにとってもすごく安心感に繋がっているのが嬉しく思います。

船の中で過ごす毎日。
国籍や言葉が違っても、心の繋がれる嬉しさ、先入観のないまっすぐな気持ち、
そして人のあたたかさ。このような経験はこの先ずっと、子どもの心に残るでしょうね。
そして、これから先も同じように優しく寄り添える人になると私は信じています。
(斉藤裕子)

関連記事

ページ上部へ戻る