大好きなロッシーさん、さようなら!

船内の生活にも慣れ、子どもの家で過ごすペースも少しずつ慣れてきた様子の子どもたち。

午前の活動は主にお仕事をしたり、おやつを食べて過ごします。
今日のおやつはオレンジ!自分でお皿やコップの準備をして食べます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

絵本を見るとみんな興味津々で集まってきます。
今日は「くだもの」の絵本。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

果物のページを見ると、果物を手で採る真似をしてパクパク。
その姿がなんとも可愛いです!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

昼食を食べる場所にも慣れて、クルーに会うことを楽しみにしている子もたくさんいます。
ICクラスのお手伝いをしてくれるクルーはロッシーというインド出身の方です。
食事の椅子を用意してくれたり、配膳を手伝ってくれるロッシーさんはいつも優しい笑顔でみんなを出迎えてくれるので子どもたちも安心している様子が見られます。
椅子に座るとパクパク食べだす子どももいれば、みんなが食べている様子を見てから自分で食べだす子も・・・

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

食べ終わったら「フィニーッシュ!」とロッシーさんに伝え、食べ終えたことを伝えます。

このようにして子どもたちも自然と、いろいろな国籍・言語の人とコミュニケーションをとっていきます。

今日は、たくさんのお手伝いをしてくれた大好きなロッシーさんがシンガポールで船を降りてしまうと知り、最後にみんなで写真!!
イメージ

バイバーイと手を振るみんな!
ロッシーさんは最後まで笑顔で子どもたちを見送ってくれました!

キッズルームでは3歳の女の子は
「ロッシーさんさよならー?さみしねー」と思い出だしているようでした。

短い期間でしたが、ロッシーさんと出会えて楽しい時間を一緒に過ごせてよかったね!
イメージ
(斉藤裕子)

関連記事

ページ上部へ戻る