【企画】船の保育園ってどんなとこ?

船内の企画でピースボート子どもの家を紹介する「船の保育園ってどんなとこ?」を行いました。
イメージ

今回はモンテッソーリ教育の4分野のうち、『日常生活の練習』、『言語の分野』に焦点を当てて行いました。

98回クルーズに参加している子どもたちの映像と写真を使って、担当スタッフの佐藤愛さんと主担任の恵利せんせいが、保育の様子やモンテッソーリ活動の内容を紹介します。
イメージ

子どもたちは最前列に並んで座り、映像を見て、先生たちの話に耳を傾けています。
イメージ

「ある子が、こんなことをしていました!」など、実際にあったことを紹介すると…

「それ わたし です!」
と、手を挙げる子がいたり、「ぼく だよ!」と、お母さんや周りの人に話す子がいたり、恥ずかしくて顔を隠す子がいたりします。

イメージ
大陸のパズルの紹介をした際に、アドリブで子どもたちに出てきてもらい、普段から歌っている『7大陸の歌』を日本語・英語で披露しました♪
イメージ

今クルーズでは、初めて子どもたちの保育の様子を見ていただく機会となり、園児のお母さん方だけでなく、船内の多くのお客さまに来ていただき、熱心にメモを取られている方もいました。モンテッソーリ教育と洋上保育園を知っていただくよい機会となりました。
(冨永和美)

関連記事

ページ上部へ戻る