第98回クルーズ「子どもの家」説明会を行いました!

横浜・神戸港を出航したオーシャンドリーム号!船内生活を始めた子どもたちは、早速お友だちと一緒にジャグジーに入っています!イメージ卓球やサルサ教室に参加したり、思い思いに楽しんでいます。

本日は、「子どもの家」へ通園に向けて説明会を行いました。

保育室に入って靴箱を指さし「あ! ぼく の なまえ あった!!」と、にっこり笑顔^^

初めてお部屋に入ったので、じっくりと見渡したりイメージ
「これ は なあに?」

と、初めて見るものに興味を持ったりイメージ
彼女は「こんにちはー!」とピースでご挨拶。

説明会では、子どもの家コーディネーター佐藤愛、本船事務局長の挾間俊一さんより、船内のルールや過ごし方をお話ししました。
イメージ
イメージ

2009年より「ピースボート子どもの家」アドバイザーとして、クルーズの立ち上げ時期には毎回ご乗船いただいている深津高子さんから、モンテッソーリ教育で大切にしている『自立』についてお話いただきました。イメージ

お母さん、お父さんが話を聞いている間、子どもたちはブロックやカルタをしたり…イメージ
イメージ
積み木をしたり、それぞれに楽しみました。
イメージ
彼女は「ふね に のっているから ふね おるね〜!」と、折り紙の本を見ながら挑戦していました。

明日から少しずつ慣らし保育が始まります。まずは4歳・5歳の子どもたちから登園してきます!
新しい環境でのモンテッソーリ保育の様子を、ブログに載せていきますのでお楽しみに!!
(橘真衣子)

関連記事

ページ上部へ戻る