本場メキシコでタコス作りに挑戦!

今日は、本場メキシコでタコス作りに挑戦したツアーの様子をお伝えします!
ピースボートが寄港したプエルトバジャルタの海岸沿いには、芸術的なオブジェがたくさんありました。
イメージ
イメージ

ナスの様なお腹の銅像に「なに これー!!」と、同じポーズをして楽しむ子どもたち。
イメージ

魚市場の前に、ペリカンを発見しました!

「くび が ぶよぶよ してる よ〜」
「ちょっと こわい ね…」

イメージ

タコス作りは山を登った場所で行うため、市内を観光した後、バスを乗り換えます。

「この バス なんで まど が ない の?」

イメージ

細い山道をガタガタ、ゴットン、ガッタン、プッシュー?!
「いま タイヤ が こわれた のか と おもった!!」

走るたびに揺れて、まるでトランポリンのように弾みます。
「窓から頭を出さないで!気を付けて!」と、ガイドさん

窓がないのは、木々の枝が車内に入り込んでくるからです。
ガサガサ!「来るよ!今度はこっち側!頭下げて!」と道々、車内の皆で声をかけます。

気分は探検家です!!

「キャー!」
「えだ が おちて きた!」
「たのしい〜!せんせい、こわいの?」

イメージ

車内に入ってきた葉っぱを見つけ「この はっぱ、いい におい!」

到着した別荘にはサボテンがたくさん。

「これ メキシコ の こっき に あった はな だね」
「こっき と はな の いろ が ちがう」

サボテンのトゲを触ってみました!
「いたく ない ね!」

イメージ

テーブルには石臼が用意され、さっそくタコス作りが始まります!まずは材料をつぶしていきます。
イメージ

すり鉢で何かをするのは、子どもの家のお仕事(*)でやっているのでお手の物。(*:子どもが真剣に取り組むことは “Play / 遊び” ではなく “Work / お仕事”。モンテッソーリ保育の現場では、子どもの活動を “Work / お仕事” と表現します。)子どもたちの表情を見てください(^-^)!
イメージ
イメージ
イメージ     

サルサソースにワカモレ、タコスには豆ペーストにチーズ、鳥肉、レタスをお好みでトッピング!
イメージ

「どうぞ!」
作ったタコスをスタッフへプレゼントした、たくと君!
イメージ

お腹いっぱい食べたら後は、元気にプール!ちょっぴり深いけど、浮き輪をつけたら大丈夫!
イメージ

トランポリンでも大はしゃぎ!
イメージ

ツアーはあっという間です。
「もう かえる の〜? もっと いた〜い!」大満足の1日でした!
イメージ
(鹿糠恵利)

関連記事

ページ上部へ戻る