ボート遊覧とパナマ運河閘門観光ツアーに参加しました♪

船はクリストバル(パナマ)に入港しました。
昨日はカルタヘナ(コロンビア)を出港したため、2日続けて寄港地に入港していますが、子どもたちは元気いっぱいです♪

今日は『ボート遊覧とパナマ運河閘門観光』ツアーに参加した子どもたちの様子をお伝えします。

船から降りてみると雨がパラつき、「雨やまないかなぁ~」大人たちはそんな会話をしています。子どもたちは「あちょーーーー!!!」と、空に向かって何やらポーズを決め「これ で はれる よ!」笑顔で話す子どもたち。

どうやら晴れるように空にパワーを送っていたようです!

バスに乗ってボート乗り場に着いた時には、雨はやみ「ほら!パワー とどいた でしょ!」と、嬉しそうに話していました。

子どもたちのパワーのおかげで、雨に濡れることなくガトゥン湖遊覧です♪
イメージ

鬱蒼と生い茂る熱帯雨林では、運がよければナマケモノ、サル、イグアナ、ワニなどを見ることができると聞き、子どもたちはボートから湖の底をじーっと覗いたり、双眼鏡を持って「サル が みたい!」と、右に左に探します。
イメージ
イメージ

「とり が いたよ!!!」まずは鳥を発見!
イメージ

ガイドさんから「この鳥は昆虫を食べる鳥だよ。」と教えてもらうと「こんちゅう たべるんだ!!」と驚いていました。
「カラス に にてる ね~。」と、鳥にバイバイをします。

みんなが双眼鏡で観察できるよう、順にまわします。
イメージ
イメージ

次に発見したのは蝶です!

「きいろ と くろ の ちょうちょ だ!」
「しましま もよう!」「はじめて みた!」

じっくり眺めます。
イメージ
イメージ

子どもたちが楽しみにしていたサルを見ることができました!
イメージ

「かわいーーー!」
「しっぽ で ぶら下がり ながら ごはん たべてるよ。」
「こっち(ボート) まで あそび に きてーー!!」

イメージ

大興奮です!
ホエイザル、カプチーノモンキーという二種のサルに会いました。

残念ながら、ワニやナマケモノを見つけることはできませんでしたが、大満足の様子でした。
イメージ
イメージ

次に向かったのはアグア・クララ・ビジターセンターです。
ここでは、2016年6月にできたばかりの新しい運河の閘門を見ることができます。
イメージ
イメージ

「あした ここ とおるの?」
「せまくて とおれなそう。」
「とびら って どうやって あく の?」
「みず は どこ から でて くる の?」

子どもたちはアクアクララ閘門を実際に見て、不思議がいっぱいあったようです。
明日、オーシャンドリーム号が早朝からパナマ運河を運航すると聞き「はやおき する んだ!」「ママ おこして ね。」と張り切っていました。

イメージ
シアタールームで閘門の映像を見たり、湖を眺め、生き物を探したり、思い思いに過ごす中、湖でワニを見つけた親子もいたそうです!

ツアーはここまでですが、翌日のパナマ運河通行中の子どもたちの様子もお伝えします♪
お楽しみに!
(橘真衣子)

関連記事

ページ上部へ戻る