マトリョーシカ絵付け体験!サンクトペテルブルグ(ロシア)

オーシャンドリーム号は、サンクトペテルブルグ(ロシア)に2日間入港します。今日のツアーは、マトリョーシカ絵付け体験!

いいお天気の中、さっそく絵付け体験ができる『ロシア村』にバスで向かいます。
道中は現地ガイドのアリスさんが、どうしてマトリョーシカがロシア文化の代表になったかをお話ししてくれました。
諸説ある中には、日本のこけしもマトリョーシカ誕生に影響しているとか?!
イメージ

『ロシア村』到着、そこには魅力的なたくさんの置物が子どもたちをお出迎えします。

「なに これぇ〜」と、子どもたちは興味深々です。
イメージ

地下にトイレがあって、秘密基地のようで魅力的!
イメージ

その他にも誘惑がいっぱいあり、楽しいけど早く行かないと絵付け体験が始まってしまう!
子どもたちは、一緒にツアーに参加したお姉さんたちと大はしゃぎです!
イメージ
イメージ
イメージ

「たのしい~!もっと やりた~い!」
なかなか離れられません。
イメージ

ひとしきり楽しんだ後、絵付け体験が出来る工房へ向かいした。

工房には、絵付けを教えてくれる先生が、民族衣装を着て待っていてくれました。
そして机には、何も描かれていないままのマトリョーシカが!
イメージ

先生に教えてもらいながら、思い思いに色を塗ります。
イメージ
イメージ

ダイナミックに塗る子や、「ここ どう ぬるの?」と慎重な子、それぞれ親子で試行錯誤しながら絵付けに挑戦しました。
イメージ

5歳や小学生は、じっくり納得がいくまで絵付けをし、出来上がった子は外へGo!
イメージ

トロールの置物には「ちょっと こわぁ―い」だけど、記念撮影!
イメージ

大人も全員完成させて、集合写真!きれいな青空でした。
イメージ

たくさん遊んで、絵付けに集中して、もうお腹がペコペコ!ガイドさんとも仲良くなって一緒にランチへ出発です。
イメージ

ランチは素敵なレストランでロシアの伝統料理、ボルシチとビーフストロガノフをいただきます。
食べたことがある子もない子も、ボルシチは人気でした。
イメージ

お腹も満たされ、サンクトペテルブルクを満喫した子どもたち。バスで観光しながら、お船のお家に帰りました。
(鹿糠恵利)

関連記事

ページ上部へ戻る