とがった物の渡しかた

ピースボート子どもの家には、子どもが約束を守って自由に使ってよい鉛筆、はさみなど、先のとがった道具が置いてあります。子どもたちがそれらを使う際、扱い方や持ち方を伝えますが、全員でロールプレイングし再確認することもあります。

まず始め恵利せんせいが「どのように扱うか」実際にやって見せます。
イメージ

その後に、教師と子どもで受け渡しをやってみます。
イメージ
イメージ
イメージ

最後に、子どもたち同士で受け渡しをやってみます。
イメージ

このようにロールプレイングをした後には、子どもたちの物の受け渡しに関する注意、関心が高まり、違った持ち方をしている子がいると…

「そうやって もったら あぶないよ。 こうやって もつんだよ!」

子どもたち同士で注意喚起し、クラスの安全が高まります。
(冨永和美)

関連記事

ページ上部へ戻る