音楽祭とお誕生会♪

7月15日、音祭 (おとまつり)へ出演した子どもたちの演目は3つ!『キラキラ星』・『七つの大陸』・『幸せなら手をたたこう』です。

どの曲も、日本語・英語・韓国語で、曲によっては中文(中国語)で歌いました!
子どもの家でも『キラキラ星』は、日本語・英語・韓国語と少しずつ覚える練習をしていました。

子どもの家のテーマ曲になっている『七つの大陸』は、もちろん三言語で歌い、日本語の時に手話を付けられるように覚えたばかりです。

乗船している子どもたち全員で初めて歌う『幸せなら手をたたこう』は日本語・英語・中文(中国語)に挑戦しました!

この日のために、毎日開催している「親子ひろば」が練習の場となり、鍵盤ハーモニカの練習をしたり、歌や手話、踊りの練習を頑張りました。一緒に舞台に出よう!と声をかけてくれた船内のお姉さんが練習の先生です。

リハーサル前には、ブロードウェイの入り口でみんなで最終確認!
イメージ

『キラキラ星』は小学生のお姉さんのピアノ伴奏、他2曲はギター伴奏で歌います。韓国、台湾、大陸中国のお友だちも練習を重ねるごとに一体感が出て、良い表情です。
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

発表を終えると…
「は~、たのしかった♪」
「よし、おうち に かえろう!」
と、緊張が解けてほっとした様子です。

本日、7月15日は、はるかちゃんのお誕生日!モンテッソーリのお誕生会は3度目になりました。

「0歳の頃はよく寝て、よく食べて、とってもお利口な赤ちゃんでした♪」とのお母さんのコメントに恥ずかしそうなはるかちゃん。
イメージ

太陽に見立てたロウソクの周りを、地球儀を持ったはるかちゃんが回り、1歳、2歳、3歳、その時のはるかちゃんの様子を、お母さんがお話しします。
イメージ

「大好きな絵本があって、読んでほしくて、バシバシお母さんをたたいていました」との話に「あ!それ、はるちゃんの好きなあの本でしょ!」と、親子で昔話の花が咲きます。

「小さい頃のお話なのに、よく覚えてるね」と、言うと「なんかママの話聞いたら思い出したの!」と、はるかちゃん。

赤ちゃんからの成長を振り返る機会がなかなかない、成長真っただ中『今を生きる』子どもたちですが、自分が赤ちゃんの頃の話は恥ずかしくて、くすぐったくて大好きです。

このお誕生会は、ケーキやプレゼントでなく、生まれて来てくれてありがとう♡という気持ちや、これまでたくさんの愛情に包まれ、大切に育てられてきたことを思える温かい会となります。

「はるちゃん は はやく 6さい に なりたい のだ!」と、嬉しそうに6周目を回ります。

オルゴールの伴奏で『Happy Birthday to You』を歌います。
ディナーでは手作りの王冠をかぶってお祝いです!
イメージ
「6歳の目標はレディーになることです!」とのこと♪みんな応援してるよ、はるかちゃん♪
(鹿糠恵利)

関連記事

ページ上部へ戻る