船で迎えた3歳のお誕生日!

こう君は、3歳のお誕生日をニューヨークで迎えました。
ニューヨークの翌日、登園してきたこう君は「3さいだよ!」と、ご機嫌です。
お誕生日は、本人はもちろん、周りの子どもたちにとっても『特別な日』です。

「きょうは誕生日するの!?」と、お友だちもワクワク♪
104日間の船旅の中で、8月に6歳になったこた君の誕生会を覚えているようです。

お帰りの時間に合わせて、保護者の方に誕生会に参加していただきました。
オルゴールにあわせて、みんなから「Happy Birthday to you♪」を歌ってもらい、主役のこう君は、どうやらちょっぴり緊張している様子です。

イメージ

大好きな『かあちゃん』と『あゆみちゃん』も、お祝いにきています。

イメージ
ピースボートに限らず、モンテッソーリの「子どもの家」では、お誕生日に子ども自身が国境線のない地球儀を持って、太陽にみたてたキャンドル(船では火が灯せないので赤い円ですが…)のまわりを年の数だけ歩いて周る、というイベントをします。

地球が太陽の周りを1周したら1歳、2周すれば2歳というふうに。

子どもがゆっくりと歩くとき、お父さんやお母さんが、産まれた時のこと、1歳の頃の様子、2歳の頃の様子を、みんなにもわかるようにお話ししてくれます。

お友だちの誕生日がくるたびに、この誕生会をするので、子どもたちは楽しみながら「1年」というのは、地球が太陽の周りを1周することなんだということが、自然とわかるようになります。

イメージ

「むかしは良く泣いていたの?」
「生まれたとき大きかったんだね~!」
と、お友だちもこう君の小さかった頃の話に興味津々です。

太陽の周りを3周して、3歳を迎えたこうくん。

先生に「なんさいになりましたか?」と聞かれ、大きな声で「3さい!」と答えました。

彼の人生が始まって3年。産まれてからどんな風に過ごしてきたかを聞き、また1つ大きくなった喜びを、ご家族と一緒に感じることができる時間でした(^^)

こう君、3歳のお誕生日おめでとう!
(柳侑里)

関連記事

ページ上部へ戻る