CASAクラスのお友だち「お誕生日会」!!

子どもの家の子たちも、ずいぶんと船での生活も慣れてきました。
子どもの家が終わるとキッズプールで待ち合わせしたり、
お互いのお部屋を行き来して一緒に遊んだり…、
お友達の妹・弟を嬉しそうにお世話するなど、
なんだか本当の兄弟のようになってきました!

少しずつ「家族」になっていく姿を見ていると、私たち大人も安心しますし
とっても嬉しいです。

さて、そんな大切な「家族」が続々とお誕生日を迎えています!
8月27日は福沢そうた君の5歳のお誕生日。
先日ご紹介したモンテッソーリ教育の方法で、みんなでお祝いしました。

*初めてのお誕生日会(3~6歳クラス編)https://pbkodomonoie.jp/?p=3233

 

誕生日1

 

クラスみんなの注目を浴びてちょっぴり照れくさそうな、そうた君。
「みんな、みないでよ~」と小さな声で言いながらも、とっても嬉しそうです!

 

4歳の時にショートクルーズに乗船した時は恥ずかしがり屋さんで
お母さんにくっついていたけれど、
この92回のクルーズではたくさんお友達もできて、楽しんでいます!と、
お母さんがお話ししてくれました。

 

誕生日2

 

クラスの他の子たちも、そうた君のお母さんのお話にじ~っと聞き入っていて、
数日後にふと「そうた君は前にもお船に乗っていたの?」と聞いていました。
お母さんがお話していたことを覚えていたんですね~。

こんな風に船上での様々な出来事がすぐには表面や言動に出てこなくても、
子ども達の心のどこかに残っていて、ある時ふっと芽を出す…という光景もとても素敵です。

 

そして…

洋上運動会が行われた9月12日はいとうロウズこあ君の7回目のお誕生日でした!
(当日は子どもの家は休園だったため、お誕生日会は前日に行いました)

ずっと前から「あと〇回寝たら、お誕生日~!」とお誕生日を心待ちにしていたこあ君!
お母さんのお話をとっても嬉しそうに聞く表情がとても印象的でした。

 

誕生日3

 

こあくんは最年長の男の子。どの子にも優しく接してくれて、みんなの憧れの的です。
意外にも、小さな時はよく泣いていた、と話を聞いてみんなもびっくりしていました!
(大きくなるとお母さんや妹に優しくしてくれていた話も聞けて、みんな納得~でした)

こんな風に改めて自分がどんな風に過ごして、育ってきたのか…
愛情をたくさんたくさん込められた家族の方から直接聞かせてもらうことも
本当に貴重な体験ですね。

 

夜は船長さん直筆サイン入りのバースデーカードももらって、レストランでお祝い!
とっても良い笑顔です○

「ケーキは1人で全部食べるんだ!」と張り切っていた、こあ君。
……全部、食べられたかな?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(薦田愛)

関連記事

ページ上部へ戻る