またあおうね会

_6

2015年7月22日
87回クルーズ子どもの家の卒園式、「またあおうね会」を行いました。
この会の名前も内容も子ども達がミーティングを重ねて作ってきました。もちろん、手作りのこの会では司会や誘導も子ども達が行います。

会が始まる30分以上前に1番乗りしたのは、準備担当のかんたくん。
「僕、準備係だから」と来てくれました。

その姿は、3ヶ月前よりはるかに頼もしく、大きく見えます。
そして、いよいよ会本番。
いつもよりおめかしをして、きりっとした姿の子ども達。
下記の内容が、子ども達と先生達で考えたプログラムです。

《プログラム》
1、うた「世界中の子ども達が」
2、自己紹介(名前と特技を発表)
3、先生達からメダルのプレゼント
4、子どもの家のみんなのお手伝いをしてくださった方の紹介
5、水先案内人 深津高子さんからのお手紙紹介
6、おうちの方へプレゼントを渡す
7、うた「Peace なかよし Happy」
(この歌は、広島・長崎の被爆者方のお話を聞いて子ども達が感じた想いを歌詞にして、先生方が曲を作り完成した歌です)
8、みんなで記念撮影
9、終わりの言葉

盛りだくさんの内容でした。
どれも子ども達のこの3ヶ月の思いがつまった内容です。

_2

司会を務めたのは5歳のえまちゃんとしおんくんです。
子ども達らしい掛け合いもあり、会場を和ませてくれました。
会の中では、子ども達が保護者の方に秘密で用意したプレゼントを渡す場面もありました。
3ヶ月が走馬灯のように頭をよぎります。

_5

そして、保護者の方からは、思い出のいっぱい詰まったアルバムのプレゼントです。

子ども達が、子どもの家に行っている間や寝た後など、空いている時間を使って作ってくださいました。
きっと、見返すたびに出会った人や国、たくさんの記憶を船を下りた後も思い出すきっかけになるのではないかと思います。

_4

そして、あっという間に終わりの時間。
最後は、子どもの家でいつも帰るときに歌っていたさようならの歌をうたいました。
見に来てくださった方とも手をつなぎ、大きな円になりました。

「~また今度♪」と最後のフレーズを歌い終わっても名残おしく、また子ども達の成長をこんなにも多くの方が見守ってくださったこと、何より子ども達のたくましく成長した姿に大きな喜びを感じる時間となりました。

イメージ

●○☆●○☆●○☆●○☆●○☆●○☆●○☆●○☆●○☆●○☆●○☆●○☆
2016年夏出航第92回クルーズにて、子どもの家プログラム実施!!
[2016/8/18〜11/29[横浜発着] 2016/8/19〜11/30[神戸発着]]
公式ホームページ
★資料請求はこちら
●○☆●○☆●○☆●○☆●○☆●○☆●○☆●○☆●○☆●○☆●○☆●○☆

関連記事

ページ上部へ戻る