スペイン語(GET)の先生が遊びにきてくれました!

ピースボートは最後の寄港地ホノルル(ハワイ)に向け、太平洋を航海しています。
12月ですが、船の上は夏の気候が続いています♪

今日は子どもの家にスペイン語(GET:*)の先生、レオとロドリゴが来てくれましたので、ご報告します!(*:ピースボートの洋上で行う、英語・スペイン語を集中的に学ぶことができる、語学プログラム「GET(Global English / Espanyol Trainningの略)」のこと)
イメージ

はじめに「こんにちは・ごきげんいかが?」を、英語の時と同じリズムで、スペイン語で歌ってくれます。
「オラ♪ オラ♪ コモ エスタス?」

自己紹介はこんなふうにします!
「コモテ ヤマス(お名前は)?」
「メジャモ(名前は) ロドリゴ」

「オラ♪ オラ♪ コモ エスタス?」
「コモテ ヤマス?」
「メジャモ レオ」

レオせんせいとロドリゴせんせいで、歌で掛け合いをしながら紹介してくれます。

英語ではないことを感じた子どもたちは…
「なんか ちがう・・・」
「なん て いってる ん だぁ?」
「なん で 中国語 はなしてる の?」
「はやく、ちゃんと しゃべって よ~!」

聞きなれない言語に戸惑っているようです。

しかし、歌いながら、英語の時と同じ動作で両手を広げ、名前を聞かれると…
「コモテ ヤマス?」
「じんのすけ!」

「コモテ ヤマス?」
「I’m Iri!」

この間、教えてもらった英語で答える子もいました!

全員の自己紹介が終わると、積み木を使って数を数えます。
「Uno(1)・Dos(2)・Tres(3)・Cuatro(4)・Cinco(5)」
イメージ

すでにスペイン語を話す国に訪れたこともあり、子どもたちは大きな声で数えます!
イメージ
イメージ

次にカードで色を教えてくれました!
「Rojo(赤)・Verde(緑)・Azul(青)・Amarillo(黄)」
イメージ

色の紹介が終わると、保育室にある色を探します。
イメージ

「Rojo!ローッホ!」
「これもロッホ!!」

イメージ

最後は「Adios(アディオス)!」と、ハイタッチでお別れです。
イメージ

英語だけではない、たくさんの言語に触れることができるのはピースボートならではです!
(冨永和美)

関連記事

ページ上部へ戻る